インターネットの便利さとホームページ作成体験、実際に使用した推薦シフト

FrontPage

インターネットの利便性

インターネットの便利な社会にどのようにかかわっていくか。ホームページ作成のポイントと私のホームページ作成体験

  • 日本は欧米諸国と比較して、急速に高齢化が進行しています。
    2015年ごろには国民の4人に1人が65歳以上になるだろうと予測されています。
  • 日本の社会がこのような超高齢化社会に対応するためには、高齢者を含め多数の人々が扱いやすい製品やサービス、生活環境などの整備が必要になります。
  • パソコンやインターネット等が普及することで、社会参加の可能性がさらに広がった障害者においても同様です。このように、より多くの人々が参加できる社会を作り上げるには、障害者や高齢者のことを理解し、配慮した製品製作やサービス提供の計画、つまりアクセシブル・デザインが欠かせないでしょう。

ホームページを作るにあたって

ホームページ制作会社は常に利用者とお客様の立場で考えたホームページをご提案しているホームページ制作会社を選びましょう。

ホームページの情報

  • ホームページの情報内容が少ないのも問題です。
  • せっかくホームページ制作会社でホームページを制作しても会社案内をホームページに載せているだけでは魅力がありません。新規顧客開拓ツールとして役立たせるには情報の充実が欠かせません。
  • 情報量は程良く載せることが重要です、事細かく細部にわたってまで情報を載せ過ぎてしまっても問合せは減ってしまいます、「もう少し詳しく知りたい問い合わせしてみよう」と思わせることがホームページの制作ポイントです。
  • ここでインターネットの最大の特性であるインタラクティブに優れている点が活かされるのです。
  • お客様が欲しい情報をホームページ上で提供することにより信頼を与えることができるのです、お客様は安心して任せられる会社を望み探しているのですから。

ホームページの公開

  • 一般ににホームページ公開しなぜなら存在を知ってもらわなければユーザーは訪れてくれません。多くのユーザーに訪問してもらうためにWEBサイトを検索エンジンから見つけていただくことが重要です。
  • SEO(検索エンジン最適化)を行うことで対象とする利用者から見つけていただくWEBサイトになります。

ホームページとSEO

  • SEOとは、「検索エンジンによる検索結果で、自社Webサイトをできるだけ上位に表示させるために、様々なアプローチでWebサイトを最適化する手法」です。
  • その事から、ホームページ制作会社はホームページ制作時、リニューアル時、SEO(検索エンジン最適化)を配慮したHTMLの制作、最適なキーワードを提案しているホームページ制作会社を選ぶとよいでしょう。

SEOの必要性

  • せっかくホームページを作っても、誰にも見てもらえなければ無駄なものになってしまいます。数年前までは検索エンジンに登録しておけばある程度のアクセスを見込めましたが、現在では普通に作っただけでは、見に来てくれる人はいません。
  • そこでSEO(検索エンジンの最適化)が重要になってきます。
    キーワード検索の場合、情報件数が1,000件以上というのもめずらしくありません。その中で自社のホームページが100件目または500件目に表示されているとしたらそこまでたどりつく人は何人いるでしょうか。
  • もし、あなたのホームページが有益な情報を持っていて検索結果に表示されたとしたらどうでしょうか?検索結果に導かれてあなたの所へ訪れるはずです。
  • SEO(検索エンジン最適化)を行うことであなたが提供したい商品やサービスを探している潜在的な消費者を効率的に結びつけることが出来ます。
  • 全ての人がホームページ情報を平等に閲覧できる環境を目指して、JIS規格に沿ったホームページ制作を提案しているホームページ制作会社を選ぶとよいでしょう。

私のホームページ作成体験

いろいろなホームページ作成ソフトを試し、今も使用している作成ソフトのホームぺージ作成体験を載せています。
ホームぺージ作成体験

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional